熱中症 体温調節

体温調節の発汗だけでは、熱中症を防げません。

暑さ対策に!!【ひんやり冷感タオル】公式ストア

しっかり汗をかけば熱中症になりませんか?

汗

気温や湿度が高い所では熱中症に注意が必要ですが、
私たち人間の体にはもともと体に熱を溜めないための体温調節機能が備わっています。

 

暑い時に汗をかくのも体温調節のひとつで、
肌表面で汗が蒸発することで体の熱を放出させます。


これにより、暑いからと言ってすぐに熱中症になってしまうわけではなく、
ある程度の暑さには耐えることができるのです。

 

しかし、汗をかけば熱中症にならないという訳ではありませんので、
この点については注意が必要です。

 

汗をかいても熱が放出できなかったり、
汗を多くかことで体調不良のきっかけになったりすることもあるのです。

 

汗をかいても熱が放出できないと言うのは、
例えば、気温が高い時や湿度が高い時などです。

 

外気の温度そのものが高いと体の熱をうまく放出できませんね。

 

また、汗は蒸発することで体の熱を発散させる助けをしますが、
湿度が高いと汗が蒸発しにくくなってしまうのです。

 

そして、汗を多くかくことで体の水分や
それに含まれるナトリウムなどの栄養素が失われてしまうことも問題のひとつです。

 

このような体の熱を発散できない、
汗をかきすぎるといった状況になると、熱中症のリスクが高まります。

 

熱中症の症状

アイリスプラザインターネットショッピング【ペット用品専用】