熱中症 症状

熱中症の3分類される症状についての解説

暑さ対策に!!【ひんやり冷感タオル】公式ストア

熱中症になるとどんな症状が現れますか?

熱中症の症状

熱中症と言っても症状は皆同じではありません。

 

熱中症は暑熱で起こる体調障害の総称です。
いろいろな症状をひとまとめにして
「風邪」と言うのと良く似ていますね。

 

しかし、熱中症の症状は一様ではないと言っても、
良く見られる症状というのはいくつか挙げられます。

 

熱中症は、その症状から熱失神熱けいれん熱疲労熱射病に分けることができます。

 

例えば、頭がボーッとする、だるい、めまい、立ちくらみなどです。
これらは軽い症状ですが、酷い場合にはひきつけや意識障害が起きてしまうこともあります。

 

軽い症状の場合には水分を補給したり、
体を冷やしたり、涼しい場所で休んだりしていると次第に回復します。

 

ただし、上記で挙げたような重い症状があった場合には、
救急車を呼ぶことも検討しなくてはいけません。

 

また、注意したい症状のひとつに『脱水症状』があります。

 

たくさん汗をかきすぎて、体の水分が失われてしまうと起きることがあります。
症状としては、頭痛がする、吐き気がする、
全身の力が抜けたような無気力感などが挙げられます。

 

水分だけではなく、汗と一緒にナトリウムなどの体に必要な成分も失われている
可能性がありますので、病院で医師の診察を受けるようにされて下さい。

熱中症の症状と、重症度をチェック!

熱中症は重症度によって、I度、II度、Ⅲ度に分類されます。

熱中症

分類I度

 

熱失神
全身の血液循環量が低下し、脳への血流が一時的に不足し、めまいや立ちくらみ、失神が起こります。

 

熱けいれん
大量の発汗で血液中のナトリウムが欠乏し、筋肉の痛み、こむら返り、硬直などが起こります。

熱中症

分類II度

 

熱疲労
大量の発汗で脱水症状が現れ、頭痛、吐き気、おう吐、全身の倦怠感、虚脱感などが起こります。

熱中症

分類Ⅲ度

 

熱射病
脳による体温調節の椙能が失われ、体温が40℃以上に上昇し、発汗が止まります。
ひきつけや、呼びかけや刺激に反応しなくなるなどの意識障害が起こります。

アイリスプラザインターネットショッピング【ペット用品専用】

熱中症の症状|熱失神・熱けいれん・熱疲労・熱射病|熱中症の基礎記事一覧

熱中症の症状と言えば、あなたは、どのようなことを思い浮かべますか?突然倒れたり体温が上昇したりといった症状を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。倒れたり、体温が上昇したりといった症状も確かに熱中症の症状のひとつに数えられますが、初期の段階では外見からは分かりにくい症状から起こり始めます。例えば、頭痛や吐き気などです。また、体は全身の血管を拡張させて熱を冷まそうと働きますから、血圧が低下してし...
手足がつるのは『熱けいれん』と言い熱中症の症状のひとつに数えられます。もちろん、手足がつったからと言って必ずしも熱中症を起こしているというわけではありません。しかし、屋外や屋内の熱気がこもるような暑い場所にいる時や、たくさんの汗をかいている時に手足がつったり筋肉がピクピクと痙攣したりする時には熱中症を疑ってみる必要があります。熱中症で手足がつったり、筋肉が痙攣したりする原因は、汗によってナトリウム...
脱水症状は熱中症の症状のひとつです。大量に汗をかくことで、体内の水分やナトリウムが失われてしまい起こります。自覚症状は虚脱感や吐き気、体のほてりや熱っぽさなどです。疲れているだけだろうと思っていたら実は脱水症状を起こしていたということもありますので注意が必要です。実は、脱水症状があらわれるというのは危険な状態です。さまざまな症状がある熱中症の中でも重症度は中度。ともすれば意識障害など、さらに重度に...
夏になると良く聞かれるのが『熱中症』と『熱射病』です。 両者は同じものと思っている方も多いのですが、厳密には違います。熱中症は、暑熱で起こる障害の総称です。そして、熱射病は暑熱の影響により、自身で体温調節をすることができなくなって起こる障害のことをします。つまり、熱射病は熱中症の症状のひとつであると言えるのです。熱射病の症状は主に、高熱・全身のけいれん、意識が朦朧とするなどが挙げられ、熱中症の症状...