熱中症

熱中症にかかりやすい人とはどんな人?

暑さ対策に!!【ひんやり冷感タオル】公式ストア

熱中症に注意するべき人とは?

熱中症にかかりやすい人

人はみな同じような体のつくりになっていますが、
体質というのは人によってさまざまです。

 

例えば、
病気によってもなりやすい人とそうでない人がいますね。

 

熱中症もこれと同じで、
年齢や体質などによってなりやすい人の傾向が見られます。

 

熱中症が起こりやすいのは以下のような状態だと言われています。

 

・炎天下
・気温30℃以上
・湿度60%以上

 

つまり、涼しい場所にいることが多い人よりも、
屋外で活動をする機会の多い人のほうがリスクは高いと言えますね。

 

また、熱中症は多くの汗をかくことで体内の水分やナトリウムが失われてしまったり、
体温調節がうまくできなくなってしまったりすると症状はより重篤化してしまう傾向があります。

 

その為、健康な若者よりも、持病のある人や高齢者、乳幼児の方がリクスは高いと言えます。

 

実際に、熱中症にかかった人の割合を見ると、年齢別では高齢者や乳幼児が多いです。

 

特に高齢者については、
重篤化してしまうケースが多く、命を落としてしまうことも
稀ではありません。

アイリスプラザインターネットショッピング【ペット用品専用】

熱中症にかかりやすい人|熱中症に要注意人物達|熱中症の基礎記事一覧

熱中症にかかった人を年齢別で見た時に多いのが、高齢者と子供です。子供と一口に言っても乳児・幼児・小児と年齢の段階がありますが、いずれも熱中症には注意が必要だと言われています。体力が衰えやすい高齢者はまだしも、なぜ子供が熱中症にかかりやすいのか疑問に感じる方も多いでしょう。通常人の体は、体温の上昇を体温調節機能によって抑えています。このような機能があるのは、体温が上がりすぎると生命維持に障害を及ぼし...
健康維持の為には運動の習慣が大切だと言われています。これにより、毎日の運動を日課にしている人も多いのではないでしょうか。しかし、熱中症については、運動をする人は特に注意が必要だとされています。運動をしている人イコール健康というイメージが強いのですが、なぜスポーツをする人が熱中症になりやすいのでしょうか。まず、スポーツをしている時の体の状態を見てみましょう。運動をすると、あなたは、体がポカポカとして...
熱中症と言えば、あなたは、どのようなシーンを思い浮かべますか?運動場や海など、スポーツやレジャーをイメージされる方も多いのではないでしょうか。しかし、熱中症が起こるのは、上記のようなシーンだけとは限りません。実は、お仕事中にかかってしまう方もいらっしゃるのです。実際に、勤務中に熱中症になって命を落とす方は毎年10名以上にもなります。特に屋外で作業着を着て勤務されている方に注意が必要だとされています...
熱中症に注意したいのが、持病を持っている方です。健康な状態に比べて体に弱っている部分がある為、リスクが高まってしまうのです。また、持病そのもので体が弱っているだけではなく、服用しているお薬によっては熱中症にかかりやすくなる可能性もあります。熱中症にかかりやすくなると言うのは、決してお薬を飲む事がいけないという訳ではありません。お薬に含まれる成分によっては自律神経に影響し、体温調節がしづらくなったり...
テレビや新聞・雑誌などで熱中症への注意を呼び掛けていることがありますが、特にクローズアップされることが多いのが高齢者の熱中症です。実際に、熱中症にかかった人を年齢別でみても高齢者は多い傾向にあり、また屋内・屋外問わずに発症しています。重篤化してしまうケースも珍しくなく、熱中症により命を落とす方も少なくありません。高齢者が熱中症にかかりやすい原因には以下のようなことが挙げられます。・体力の低下や持病...
熱中症にかかる人が多いシーンのひとつがスポーツです。実際に、毎年のように夏になると運動中に熱中症で倒れたというニュースが流れています。最近では、熱中症の認知度も高まり、きちんと休憩を取ったりこまめに水分補給をしたりといった対策が心掛けられていますが、それでも運動中に熱中症にかかる方は後を絶ちません。特に注意したいスポーツの傾向は以下のようなものです。・防具を着て行う運動(剣道・フィンシング)・長時...